2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.01.22 (Sun)

「どちらかが彼女を殺した」

東野圭吾の推理小説。

これこそ「アンフェア」じゃない~?
いや、褒め言葉ですよ。
めちゃめちゃ面白かった!一気読みです。
通勤電車の中で読むために買ったのに、休日に読んでしまうなんて(笑)

容疑者は最初から2人。
「彼女」の親友or元恋人。

「彼女」の兄と刑事加賀の推理、それからこの2人の駆け引きも引き込まれてしまいました。

でもやっぱりこの小説の魅力は最後まで犯人がわからないこと。
まさに「推理」小説なわけです。
読者が推理するのよね。

でもね、でもね、結局私は犯人がわからない!!
ぶわーーっと一気読みしたんですよ。
最後まで読んで、「え・・・?それでどっちが犯人・・・?」ってなってます。

この本(文庫版)には袋とじ解説なるものが付いていて、それも読んだんですけどはっきりこっち!っていう確信が持てない。
もう一度読まないと駄目かな。


本音を言うとね、
どなたか解説して下さい~~~~!!!
22:42  |  読書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://true7.blog19.fc2.com/tb.php/118-992940fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。