2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.06.11 (Sun)

暗号

先日のディストの暗号、すぐ解ける人もなかなか解けない人もいたようで。
私はすぐ解けましたよ!というのはこの本を読み返してる途中だったので。

シャーロック・ホームズの愛弟子 シャーロック・ホームズの愛弟子
ローリー キング (1997/06)
集英社
この商品の詳細を見る

私はホームズ大好きなんですが、高校時代に同じくシャーロッキアンな友達から、「この本は面白い!」と薦められました。
ホントに面白くて、500ページ余りのこの本を一夜で読んでしまったのでした。

設定としては引退してサセックスで養蜂をしていたホームズと少女メアリが出会い、彼女を探偵として育てていく、というもの。
知的な会話とかユーモアとかがたまらないし、トリックも推理も凄い。
ホームズの色んなパスティーシュを読みましたが、このシリーズが一番好きです。
どちらかと言えばホームズよりもメアリの方に重点が置かれていますが、やっぱりホームズの存在感がすごいなぁと。

で、この本の最大の謎解きの場面で、666の日のHYDEさんからの暗号に似たものが出てくるんです。
当然(と言っては失礼かな)本の方がよっぽど高度で、謎解きの一過程でしかないので、あんなに単純ではなかったですけどね(笑)


話題の『ダヴィンチコード』を読まれた方は「マグダラのマリア」について(事実にしてもそうでないにしても)よく知ってらっしゃると思いますが、そんな方にはこのシリーズの3作目『マリアの手紙』っていうのもオススメですよ!!
あ~、でもその前に絶対2作目を読んでもらわなくちゃいけないんだけど!(笑)

22:56  |  読書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://true7.blog19.fc2.com/tb.php/198-5bfdc2a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。