2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.08.12 (Sat)

『DEATHNOTE ANOTHER NOTE ロサンゼルスBB連続殺人事件』

読んでから少し間が開きましたが、感想です。

DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件
西尾 維新、大場 つぐみ 他 (2006/08/01)
集英社
この商品の詳細を見る

読み始める前に装丁から。
この本、しおりの紐に「DEATHNOTE」って印字されててすごく豪華です!
カラーイラストも1枚だけですが、相変わらずとても美しいです。

さて内容ですが、ものすご~くネタバレですし、ツッコミ所もありますので、それでも良いという方は反転してどうぞ。

まずは語り手がメロっていうことにびっくり!
そういう設定が導入部分にあるので、まず驚きながらの読み始め。
話の中心は南空ナオミ。
『DEATHNOTE』本編の印象で、この事件にたくさんの捜査員がいてその中の一人かなぁと勝手に想像していたので、ナオミが一人で動いているのが予想外でした。
あと、ナオミのキャラも。
砂糖コーヒーの所はイメージ崩れまくり(笑)

謎解き自体はめちゃくちゃ面白かったです!
特に時計のところかな。
イニシャルのことは最初に「ビヨンド・バースデイ」と最初の被害者の名前の時点で気付きましたけど。
「竜崎ルエ」が出てきた時点で「竜崎=L」と信じて疑わなかったので、最後にナオミが逮捕した所で「え~~~?!」ってなりましたよ!
これはマンガではできない仕掛けですよね。
外見の説明も、似てるように書けばこっちは同一人物だと思いますもん。
「竜崎がイコールでLであるなんて荒唐無稽な仮定が成り立たない以上」ってマンガ読んでる方はそういう仮定で読んでるんだよ!とメロにつっこみながら読みました(笑)
でもこのどんでん返しが推理小説(?)の醍醐味ですよね~。
とても面白かったです。

でもツッコミ所も・・・・・・・・
まずはこんなにすごい事件で、Lにとっても特別な事件なら、マンガの方で南空ナオミの名前が出てきたときにLもすぐ気付くんじゃ・・・・ってこと。
あとは最後に登場したのはLですよね?ここでナオミはLだって気付かないのかなぁ?
う~ん、ここでナオミが気付いてたら、途中でメロが語ってた「南空ナオミがLに会ったことがない」っていうのはおかしいですもんね。
「BがLに会いたかった」っていうのも気になる。
だったらどうしてBはLの特徴(超甘党とか目の下のクマとか)を知ってたのかしら。
LがBの名前(竜崎)を取った時にその特徴まで取ったってこと?
でもそしたらその特徴はLのオリジナルじゃなくなっちゃいますよね??
んんんん、わかんなくなってきた。
とりあえず、そのあたりが気になってます。

ま、謎解き自体は面白いので、漫画を読まれた方は読んでみてはいかがでしょうか。
買って損したなぁとは思いませんでしたよ。
01:17  |  読書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://true7.blog19.fc2.com/tb.php/240-c6a16e49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。