2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.09.16 (Sat)

kenちゃんのことば。

仕事帰りに本屋に立ち寄ると、最後の一冊。
買っちゃいました。
Ken Speed Ken Speed
Okada Takayuki (2006/09)
USEN
この商品の詳細を見る

んんんんもう!!!かっこよすぎ!!!
やっぱり岡田さんの写真はかっこいいですね~~!

実は単行本って言うからロングインタビューとか期待してました。
kenちゃんの話っておもしろいから。(笑えるという意味ではないですよ)
でもこの本のはそういう感じではなくて、すごく断片的なことば。
でもそれがすごくかっこよくて、男前でした。
個人的には「涙」の所のことばが好き。
そう、悲しい小説とかって必要ないんですよ。
だって「悲しい」感情なんて実際はイヤなものです。
なのに求めてしまうのは、やっぱり泣きたいからなんだよなぁって思いました。
「数字」の所は理系なkenちゃんらしい。
そういえば何でも数字で考えてしまうことって多いですもんね。
数字っていうのは万国共通だし、どこに行っても同じだからわかりやすい。
だからこそみんな数字を使うんだろうし。
だけど、感情とかことばって相手によって通じたり通じなかったりするから難しい。
だからあんまり深入りしなかったり、わかりやすい方に流れたりするのかな。
「数字がなかったら」なんて発想、普通は出てこないですよ。
うん、やっぱりkenちゃんの話はおもしろい。

【Speed】聴くとすごく切なく、痛くなるんだけれど、この本にも同じ印象を持ちました。
不思議。「音」じゃないんだけれど。
「歌詞が伝わるような歌」って言ってただけあって、やっぱり今のkenちゃんはことばに重きを置いてるような気がします。
HYDEさんが【FAITH】で自分の世界を突き詰めたように、kenちゃんも同じように動いてるのかなぁ。

こんな人達が集まったら一体どんな音が生まれるのかな。
ライブも楽しみ。
でもやっぱりラルクの新曲が聴きたいな、と改めて思いました。

実は少し買うの迷ったんだけど、買ってよかった~。良い本です。
00:56  |  ラルク  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://true7.blog19.fc2.com/tb.php/263-79cbc4a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。