2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.12.07 (Thu)

【True】についての諸々。

ラニバで【あなた】に感動したからか絶賛【True】リピート中です。
土曜はMONORALライブなのに~!あれ?

で、【True】なんですが、前にも書いたかな?多分私が一番聴いてるのはこのアルバムだと思います。
このアルバムの華やか~な感じがすごく好きだし、自分が初めて行ったライブが【True】のツアーだったというのも大きいかな。

実はほろ苦い思い出もあったりするこのアルバム。
私がラルクを知って聴くようになり、好きになったのは中2の頃なんですけど、ラルクを教えてくれたのは中学の同級生2人でした。
そのうちの1人と中3で同じクラスになってですね、話が合うもんだからめちゃくちゃ仲良くなったわけです。
彼女はLUNA SEAが一番好きだったんですけど、ラルクも大好きで、2人でCDの感想を手紙で書きあったり(その頃は【heavenly】ですね)雑誌を眺めたりして、すっごく楽しかった。
高校が別々になっちゃって、さらに彼女が引っ越してしまったりしたんだけど、ちょこちょこ連絡は取ってました。たまに一緒に遊んだり。
でも【True】の発売後に彼女から電話があって、「私はもうラルクやだよ、あんなにシンセとか打ち込みとか使って、あんなのラルクじゃない」って言われました。
私は何日か後に初めてライブに行けるってすごく幸せ気分だったのに、ものすごいショックでした。私は【True】初めて聴いたときも「これはいいよ!」って思ってたし。
teっちゃんが会報で「この作品が今までのラルクと違うって思う人は僕たちのことを何も分かってないと思う」と言ってたのもあって、何で分かってくれないの?!って思ってしまいました。
結局その子とは疎遠になってしまって・・・・・今どうしてるのかな。

私も子どもだったから、ラルクと自分と両方否定されたような気がして悔しかったのかな。今くらい大人になれば、「好みの問題かな」って思えただろうにな。
今のラルクを彼女はどう思ってるのかな。
もう全然聴いたりしてないのかしら。
あれから私は自分の高校とか、友達の友達とか一緒にライブ行けるような友達を見つけて、ずっとラルクを聴き続けてるわけだけれど。



これを書いててふと思ったんだけれど、彼女の考えってsakuraに近いのかもしれないですね。
あの頃のsakuraはシンセとかストリングの一切ない【I'm so happy】に異常にこだわってた気がする。もちろん歌詞とかそういう部分が好きだっていう部分もあるとは思うんだけど。
そう考えるとファンの中の友達関係とかじゃなく、同じバンドの中で音楽への指向性が違うっていうのはやっぱり致命的なのかな。
う~ん、でも今のメンバーも指向性が全く一緒ってわけじゃないでしょうね。
だからソロ活動が必要なんでしょう。
hydeさんの言う「自分の部屋」が欲しくなる状態ですね。
それで上手くやっていってくれるならそれが一番いいな。
気持ちよく音楽をやっていってほしいものです。
00:27  |  ラルク  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

なんだろう……
「ラルク」っていうカテゴリーは固定されてて
それに向かってみんな曲を作っていくっていう感じですよね、今は。
だからラルクでおのおの自分の好きなことを求める
というのはちょっと違うのかもしれません。
なーんてわかるようになるのは大人になってからですよね~
大人になっても全てわかることはできませんし。
にーな |  2006.12.07(木) 20:05 | URL |  【編集】

なんかわかる気がするなぁ・・・「True」が出て初めて聴いた時、sakuraの居場所が無くなっちゃったなぁ~って感じたもん。「heavenly」からの変化はsakuraにとっては、今から思うと必至にラルクについてきてたって感じがする。今のラルクはまた「True」の頃とは違ってるし・・・ラルクは期待を裏切り続けながら成長し続けているバンドだと思う。
あっちゃん |  2006.12.07(木) 22:02 | URL |  【編集】

>にーなさん

メンバーもちょくちょく言ってるように、ラルクの曲ってまさに化学反応で、自分の思うとおりにならないんでしょうね。
でもそれが楽しいって思えてるからバンドが続いてるというか・・・・・ラルクもソロも、どっちも大切になってくるんだろうと思います。

私たちがファンとして大人になったというのもあるし、それ以上にメンバーが大人になったのかな(笑)


>あっちゃん

そうですね、あの頃のメンバーには温度差があったような気がします。まさかあの後あんな事になるとは思ってなかったですけど・・・・・・・・・

>ラルクは期待を裏切り続けながら成長し続けているバンドだと思う。

おおお~!まさにそれですよね!
そしてまたそれが中毒になるというか・・・・・・
良い意味で裏切り続けてほしいものですね。
mayu |  2006.12.07(木) 23:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://true7.blog19.fc2.com/tb.php/342-c11377c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。