2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.04.12 (Thu)

心を豊かに

忙しい忙しいと言いながら、通勤電車の合間で本を読んでます。
今年の勝手な私の読書目標は「小説を読んで心を豊かにしよう!」なので(笑)小説ばっかり読んでます。
新書コーナーには行ってないですよ!(私にしては珍しいのです)

最近読んだのはこのあたり。

ぼんくら〈上〉 ぼんくら〈上〉
宮部 みゆき (2004/04)
講談社

この商品の詳細を見る

宮部みゆきの本はどちらかと言えば現代のミステリーが好きなんですけど、これは面白かったですね。食べ物の描写がまたいいんですよね(笑)煮物食べたくなっちゃった~。



沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇
山崎 豊子 (2001/12)
新潮社

この商品の詳細を見る

山崎豊子作品は『白い巨塔』しか読んだことがなかったんですけど、先日スマステで特集されてるのを見て読んでみようと思って買ってみました。1巻から5巻まであっという間に読んじゃいました。印象深かったのはやっぱり3巻なのでこれを紹介。
私は日航ジャンボ機墜落事故の時には幼稚園児だったので実際にどれくらいの事故なのかはほとんど知りませんでした。時々ニュースで取り上げられたのを見るくらいで。この作品はリアルですね。山崎さんはものすごい取材をして小説を書く方だそうですが、ホントにそれがよく伝わってきます。組合問題を片側からしか取り上げていないという批判もあるようですけれど、片側からだけでもこれだけ書けるというのはすごい事だと思います。



クライマーズ・ハイ クライマーズ・ハイ
横山 秀夫 (2006/06)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

実はこれはまだ読んでる途中です。まぁあと少しで読み終わりそうですけど。
お察しの通り『沈まぬ太陽』を読んでもう少し日航機事故のことを書いてる本を読んでみようかなと思ったのでした。当時のメディアの混乱ぶりとかが伝わってきて、大きな事故というのはその被害者と家族だけでなく色んな方面で色んな人に影響を与えるものだと思いました。
自分に関係ないニュースとかってよくあるけれど、どうでもいいことじゃなくて関心を持ってみたり、メディアを丸呑みにせず自分なりに考えてみることも大事だろうな、と。


さてそろそろまた新しい本を物色しに行かねば。
オススメ小説があったらまた教えてくださいませm(_ _)m
00:38  |  読書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://true7.blog19.fc2.com/tb.php/436-7a1061a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。