2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.24 (Thu)

ルネッサーーンス!!

アンケート、まだまだ募集しています!
楽しいコメントもたくさんありがとうございます!!
お気軽にぽちっと押してやって下さいませ。お名前書いてもOK!という方は、ぜひお名前も書いて下さいねv

日常閑話を一つ。
私は電車に乗るとすぐ寝ちゃって、さらに変な夢をよく見るんですが、いつも夢の内容はよく覚えてないんです。しかーし!今日はすごかった。すごく変な夢見ちゃいました。

何とまぁ不思議なことに、夢の中で私はyasuと散歩をしてるんです。
しかも、私の家の前(笑)
んで、二人でhydeさんの魅力についてめちゃくちゃ語っていると、だんだんyasuが「hydeさんと自分は仲がいいんだ!」みたいな自慢を始めて、私が内心怒りながらも「ここでキレたらhydeさんに会えなくなる」とか考えて愛想笑いしてるの。面白いのは、私が完全にyasuを利用してhydeさんに会おうとしてるってこと(笑) 「yasuむかつく~!」と思って目が覚めたら自分が降りる駅でした。
あまりに自分の頭の中がばかばかしくて、びっくりしちゃいました(笑)


さて、何か連続するような気がしますが、読書感想です。
今日のタイトルがなぜこれなのかは、この2冊を読んだからという単純な理由です(笑)

ルネサンスとは何であったのか (新潮文庫 し 12-31)ルネサンスとは何であったのか (新潮文庫 し 12-31)
(2008/03)
塩野 七生

商品詳細を見る

私は大学で平安文学を専攻してたので、一番好きなのは日本の平安時代ですが、その次に興味があるのがルネサンス期のイタリアです。めちゃくちゃ詳しいわけではありませんが、何だかこの時代にすごく惹かれます。
高校時代、世界史の時間に「ルネサンス(文芸復興)」と書かれてあったのを見て、「文芸の復興って何やねん」と友達と話してたら、世界史の先生に「塩野七生を読めー!」と言われまして。その時にすぐ読んだわけじゃないんですが、澁澤龍彦の『毒薬の手帖』を読んでボルジア家を知ってから、塩野七生を読み始めたわけです。
と言っても、そんなにたくさん読んでるわけじゃないんですけどね。
この本はホント勉強になりました。
時代背景の説明がすごく詳細で、より深くルネサンスがわかった気がします。
マニアックですけどね(笑)


チェーザレ 5―破壊の創造者 (5) (KCデラックス)チェーザレ 5―破壊の創造者 (5) (KCデラックス)
(2008/07/23)
惣領 冬実

商品詳細を見る

で!そのボルジア家!!
前から散々このブログでも書いてるんですけどね(笑)
もうとにかくチェーザレが格好良すぎて困ります。
「チェーザレ様ー!」って心の中で叫びながら読んでます。もうホントかっこいいんだもん!
発売日に本屋直行するのはラルク関連の雑誌と、このマンガくらいのものです(笑)
だって今日が発売日ですから~。
ちなみに、登場人物の一人であるジョヴァンニは、後の教皇レオ10世で、この人が免罪符(贖宥状)を発売したのがルターによる宗教改革のきっかけになるんですよね。1巻に比べるとこの人、どんどんおとなしくて良い人に見えちゃうんですけど(笑)
しかし、とにかくチェーザレ様がかっこいいの!(しつこい)
美形好きは要チェックです(笑)


拍手押して下さった方、ありがとうございました!!

拍手お返事♪


【More・・・】


>Nさん

いえいえ、全然大丈夫ですよ!
投票ありがとうございます!!
しばらくは続けてみて、また結果もブログの方で発表したいと思います~。
00:39  |  読書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://true7.blog19.fc2.com/tb.php/734-50a96333
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。